「みんなで布チョッキン ワークショップ」とは

CSR活動;仕事のOFF TIMEに

国際理解教育出前授業;教室での体験

すこし汗して国際協力;自宅やサークルで

カンボジアの子どもたちに人形やボールを届けるワークショップです

child1

カンボジアの公立幼稚園では、遊具や教材がほとんどありません。
子どもの健全な成長には、おもちゃで遊ぶことがたいせつです。

「みんなで布チョッキンWS」で作った人形やボールの材料を含めた教材遊具を、カンボジア公立幼稚園に届けます。
日本のみなさんが届ける半製品を、カンボジアの女性たちが現地の原料を使い完成させます。
「きずな」がかたちになります。
「みんなで布チョッキンWS」は子どもたちに遊具や教材を届けるだけではなく、女性に貴重な現金収入の機会を提供しています。

「みんなで布チョッキンWS」は日本とカンボジアをつなぐ夢のかけ橋

「みんなで布チョッキンWS」では、カンボジアの子どもたちのことを学びます。

<布チョッキンの手順>
1.持ち寄った不要になった綿プリントなどの生地を使います。
2.型紙にそって、カットします。
3.募金(人形;1体千円・ボール;1個5百円)を添えてできあがり。
4.カンボジア現地事務所に送ります。
5.日本から人形やボールの完成品を届ける活動ではありません。

<カンボジアに到着>
1.現地の女性が、丁寧に縫い上げます。
2.地方の公立幼稚園で、保育者に遊び方や使い方の研修をします。
3.その楽しい体験を幼稚園で子どもたちに教えます。

企業・団体の皆様:CSR ちょっぴり汗して、少しの善意

企業・団体の皆様は、1時間と少しの募金をご提供ください。

インストラクターが、カンボジアの子どもたちの現状とWSについてご説明します。
お時間内、布と格闘してください。
※型紙・ハサミ・布等の材料は、すべて取り揃えています。

皆様のちいさな国際協力が、カンボジアの明日を担う子どもたちへの大きな支援となります。

小学生から学生のみなさん:国際理解教育の出前授業

小学生から学生のみなさんに生きた国際協力を実践していただきます。
先生のカリキュラムに合わせて授業内容を構築します。
※映像機器と必要な募金をご提供ください。

インストラクターやボランティアが教室に出張して行います。

自宅やサークルでちいさな国際協力

募金だけでなく、少し汗してみんなのためになることしたいとお考えの方々への提案です。

  • ご連絡いただければ、型紙やマニュアルをお貸しします。
  • できあがったら募金(人形;1体千円・ボール1個5百円・事務局経費)を添えて送ってください。
  • 1回のランチやコーヒー代で、無理なく持続したご支援をお願いします。

皆さんの感想

  • 気づき;自分や自分の住んでいる日本が恵まれていることに感謝。
  • 感動;楽しい時間をすごして、これがカンボジアの子どもたちのためになるなんて、すごい!
  • 学び;世界に厳しい環境の中で懸命に生きている子どもたちがたくさんいることを学んだ。
  • 感謝;今まで何か人のためにしたいと思っていたが、このような機会を与えてくれてありがとう。
  • やりたい;この体験を大事に、一歩前進してボランティアやインターンをやりたい。

►みんなで布チョッキン参加者の声へ

問合せ・申込先

  • ハンモックツリー 担当;高木まで
  • E-Mail;cyrainfo@cyr-a.com
  • ℡&Fax;052-623-7413
  • 住所;〒458-0822名古屋市緑区大将ヶ根一丁目502番地
  • toiawase