2015年3月参加者の声

2015年3月24日

unnvjkbamed

よくばりエンジョイツアーをコンセプトに、カンボジアスタディツアーに参加した学生が、その体験をもとにもっと深く、広く、楽しいツアーにしたいという思いを込めて企画しました。

カンボジアは長く続いた内戦や政情の不安定から、教育の発展が遅れています。教育の光の届かない地域にちいさな村の幼稚園を開園運営しています。現地に訪問していただき子どもたちとの楽しい交流の中で現状を理解し体験していただきました。

村の女性の自立を支援する伝統織物の研修センターで、現地で自生している草木で染め上げる草木染めの体験をして世界にひとつだけのスカーフをつくりました。

現地の人とのふれあいを通し、私たちの生きる未来について考える機会を持っていただきました。子どもたちの笑顔があなたを待っています!また会いに行きましょう!

  • 期間2015年3月17(火)~25(水)7泊9日間
  • 参加費;239,400円(別途燃料サーチャージ等必要)
  • 催行人数 10名以上 締切2月13日到着分
  • 訪問地;カンボジア・プノンペン・シェムリアップ、ベトナム・ホーチミン

春のカンボジア・スタディツアー報告

2014030501

  • 期間2014年3月5日(水)~10日(月)4泊6日間
  • 旅行代金学生;153,000円社会人;166,000円
  • 上記旅行代金の他に、燃油特別付加運賃・航空保険料・空港施設使用料・カンボジア現地空港税の合計
    約26,500円
  • 参加者 7名 学生 5名 社会人 2名
  • 3月5日(水)~7日(月)プノンペン滞在 村の幼稚園・織物研修センター交流
  • 3月8日(水)~10日(月)シェムリアップ滞在 世界遺産アンコールワット遺跡群等観光

コンポンタロン村幼稚園

2014030502

開園間もない幼稚園に訪問しました。そこでは、じゃんけん列車をしました。初めは説明してもなかなか理解ができなかったりしましたが、数回遊んでいるうちに理解してくれて、楽しく遊ぶことができました。
子どもたちははじめ難しそうな顔をしていましたが、だんだん笑顔になっていき、電車の歌を歌ってくれました。

タプロム幼稚園

2014030503

開園2年目の幼稚園でした。一緒に紙コップに砂や石を入れてマラカスを作り、「ア・ラピヤ」という歌にあわせて一緒に歌ったり、マラカスを鳴らしたりしました。
夢中でマラカスを作っている子どもたち、笑顔で歌を楽しそうに歌ったりできたマラカスを振っている様子を見て、こちらも楽しく笑顔になりました。

プレイタトウ幼稚園

2014030504

開園20年の幼稚園では、幼稚園らしい遊具などもある環境と子どもたちの雰囲気でした。
そこでは縄跳びとシャボン玉をしました。縄跳びは蛇のように縄をうねらせたり、ゆらゆら揺らしたりして遊びました。
楽しそうにぴょんぴょんと飛び跳ねて私たちも混ざって遊びました。
シャボン玉は日本から原液とストローを持ってきて一緒に遊びました。
日本の原液だとシャボン玉がよく続くので子どもたちはとっても喜び夢中になって飛ばし続けました。
どこの園でも子どもたちの笑顔が見れてとてもうれしかったです。

シェムリアップ観光

2014030506

アンコールワットは、カンボジアといえばここ!というイメージが強いと思いますが、ガイドブックで見るよりも楽しいところでした。
第三回廊という一番高い場所を登る時は、外にある階段を上ったのですが、想像以上に高くて怖かったです。
さらに壁画はストーリーになっている絵がたくさん彫ってあり、一つ一つガイドさんの話を聞きながら見るのがとても楽しかったです。
また、キリングフィールドという供養塔を見学しました。
そこは処刑された大勢の人々が埋められている場所で、今でも人を埋めた穴がそのまま残っており、人の骨や洋服が落ちていたり土の中から見えていて、何とも言えない衝撃を受けました。
ただのツアーならばこのような暗い歴史を見学したりすることはないと思います。
ピ-スインツアーならではの観光場所であり、カンボジアの歴史について深く知ることができるので、行ってよかったと思いました。
観光地では、たくさん写真を撮って、おおいに楽しんでください!

結婚式に飛び入り参加

2014030510

結婚シーズンということもあり、いたる所で結婚式が開かれているのを見ていた私たちは、お散歩の途中でたまたまやっていた結婚式の様子を覗いてみたいという事をガイドさんに伝え、急遽見学をさせてもらえることになりました。
飛び入り参加で、しかも日本人の私たちを快く歓迎してくれた現地の方の優しさをたくさん感じました。
儀式にも参加させてもらえて、本当に貴重な経験ができました。
覗いてみたい!聞いてみたい!と思うことがあったら、ダメもとでガイドさんに言ってみるべきだと思いました。

ナイトマーケット

2014030509

ナイトマーケットに連れて行ってもらいました。ちなみに、昼は普通のマーケットとして開かれています。
夜だからということもあり、最初は怖くてみんなびくびくしていました。
しかし、売っているものがすごく新鮮で、おもしろくて目がきらきらしていたと思います。
値段は交渉次第です。交渉を粘ることで、安く買えます。そこが面白いところでもあり、苦労するところでもありました。
わたしは頭につけるバンダナを買いました。ガイドさんが値引き交渉してくれました。
これは一生の宝物になりました。
このナイトマーケットを回っているとき、2人がはぐれて迷子になってしまい、とても怖かったことも、今となっては笑える思い出のひとつです。
結果、ナイトマーケットでのお買い物は本当に楽しかったので、ぜひおすすめします!

みさとあばちゃまの知恵

unnvjkbamed

あったほうがいいもの

  • ウェットティッシュ(手を洗う場所がないところが多い)
  • 便座クリーナー(衛生面で気になる人は)
  • 帽子(日差しが強いので)
  • ペットボトルホルダー(水がぬるくならないために)
  • シャンプー、リンスー(あるといいよ)
  • お菓子(ホテルで菓子パ用)
  • エコバッグ(お土産がトランクに入らないときに)
  • 紙と色ペン(ガイドさんにメッセージを送りたいときに)
  • ※水はたくさん貰えるので持っていかなくてOK

レポート執筆者

2014030517

  1. 浅川倫之さん
  2. 安藤美琴さん
  3. 石川佳歩さん
  4. 伊藤晴香さん
  5. 小山優実さん
  6. 山本奈菜子さん
  7. 岡田みさとさん